vio脱毛のお手入れ方法や回数について

VIOについて

フラッシュ脱毛を利用してvio脱毛を行う女性が増えてきています。vio脱毛はvラインとiラインとoラインのデリケートゾーンのムダ毛をまとめてお手入れをするという脱毛メニューです。お手入れ方法としては、デリケートゾーンにジェルを塗ってからライトを照射するだけです。照射後はジェルをふき取り肌を冷却して落ち着かせます。最後にローションなどで保湿をしたらお手入れ終了です。とても簡単でスピーディーな施術ですし、熱さや痛みなどの肌への負担もほとんどありません。少しだけ肌に温かさを感じる程度の感覚です。お手入れ後1~2週間が経過した頃に、デリケートゾーンのムダ毛が自然と抜け落ちます。自然と抜けますので無理に引っ張ったりしないようにしましょう。このお手入れをムダ毛が生え変わるサイクルに合わせて2~3ヵ月に1回のペースで行うことで効率的にムダ毛を減らしていくことができます。お手入れ回数を重ねれば重ねるほどムダ毛が生えてこなくなります。お手入れ回数は、平均して10~15回程度です。肌の状態やムダ毛の色や太さなどにより効果のあらわれ方には差が生じます。効果をより高めるためには、日頃から保湿ケアを徹底して肌にうるおいを与えるということが大切です。vラインは比較的早めに効果があらわれますが、iラインとoラインは効果が出るまでに少し時間がかかってしまうこともあります。vio脱毛が完了すればGストリングやソングなどのTバックスタイルの下着や水着も思いっきり気兼ねなく着用することができますし、衛生的に快適にデリケートゾーンを保つことができます。

VIO脱毛は欧米では当然の身だしなみ

VIOについて

脱毛をするエステやクリニックが増えてきて、脱毛は一般の人でも手軽に受けやすいものになってきました。全身脱毛プランを提供するエステやクリニックもあり、全身をツルツルにすることは若い世代を中心に当然の身だしなみと考える人も増えています。それに伴い、VIO脱毛を希望する女性も多くなりました。日本ではVIO脱毛についての認識は世代差でギャップがありますが、欧米ではアンダーヘアのお手入れは当然のこととして受け入れられています。特にアメリカではほとんどの女性はデートの前日にアンダーヘアのお手入れをします。ただし、欧米の場合は光脱毛やレーザー脱毛でお手入れするよりも、ブラジリアンワックスでお手入れする人が多いようです。ブラジリアンワックスは、ワックス剤を使用した脱毛方法です。ワックスを塗ってはがすので、痛みがありますが、欧米人の毛は東洋人の毛よりも柔らかく細いので、痛みもそれほど強いものではないようです。欧米ではブラジリアンワックス専門のサロンは数多くあり、海外セレブも利用するほど人気があります。日本での人気はやはり光脱毛やレーザー脱毛ですが、日本でもブラジリアンワックスを行うエステも増えてきました。日本は温泉や銭湯で裸になる機会が多いので、アンダーヘアが全くないという状態を人目にさらすのは恥ずかしいという人はブラジリアンワックスでお手入れした方がいいでしょう。また、エステやクリニックでも希望するアンダーヘアのデザイン通りに仕上げてくれるところもあるので、ツルツルの状態にしたくない人は相談してみることをおすすめします。

VIO脱毛に抵抗を感じるがスタッフのスタンスは?

VIOについて

VIO脱毛は、Vライン・Iライン・Oラインのヘアを、エステティックサロン・美容医療施設などで綺麗に整えてもらう事です。方法は光方式やレーザー方式などを用いて、アンダーヘアの毛根の黒い部分に照射して脱毛を促し、これを2〜3か月おきに繰り返す事で毛母細胞からの再発毛を抑制し、暫定的には5〜6年以上の効果を持続させるものです。

VIO脱毛は各メディアで紹介されているので周知されてきています。しかしいざ自分が試してみようとした時に、障害となるのは二つの問題です。まず第一に、コストが高い事が挙げられます。とはいえエステティックサロンや美容医療施設でもドル箱ですので、企業努力によりコストを下げたりお得であるという印象を持たせるため様々なメニューを提案しています。第二は、やはり羞恥心でしょう。局部をスタッフの前に露出して施術をうける訳ですから、抵抗がない訳はありません。

ただし第二の問題に関しては、抵抗を感じると言ってもそれは施術を受ける人だけの問題であり、実際のスタッフは女性だけであるばかりか、それを扱うのが仕事であるため、取り越し苦労なのです。各メディアに口コミ情報が沢山寄せられていて、それらが好意的なコメントばかりである事から、羞恥心は感じたとしてもそれを上回って有り余る満足感が得られている、というのが実態のようです。

そもそもこの施術をうける動機というものは、流行っているから、という以上にむだ毛処理の労力を無くすばかりか、アンダーヘアに関しての人に言えない悩み・コンプレックスを解消する事が目的ですから、スタッフは仕事で行っている事なのでこちらは抵抗を感じる必要はない、と考えるのが良好です。

眉毛脱毛に関して毛抜き使用の考え方

VIOについて

脱毛をした後に、毛が太くなることがあります。
これは毛穴に力が入っていることが考えられます。
特に毛抜きでの脱毛は、圧力がかかり、その後血流が良くなって、たくましい発毛が促進されていくとされています。

よく眉毛は毛抜きで行う方が多いです。
眉毛は、あまり発毛する部位ではないことから、脱毛に関しては、今ある毛がなくなれば良いと考えることが多いでしょう。
確かに、一度毛抜きで脱毛をしたあと、あまり頻繁にケアをしていない方が多いです。
抜いていることが癖になっていると、あまり発毛もしない事になります。

基本的に毛抜きによる脱毛は、あまりおすすめできない方法とされています。
ただし、眉毛に関して言うと、そうとは言えないことも多いでしょう。
あまり生えてこないことを逆手にとって、それほど面倒でなければ、スキンケアの一環として、眉毛ケアを考えてみてください。
カミソリで行うよりも手軽と考えている方には、これもありです。

エステなどでも、眉毛脱毛を行っているとされています。
これも良いことで、一度脱毛をすると、その後のケアは楽になります。
ただし、眉毛には流行があるのをご存知でしょうか?
私には関係ないと言うかたも多いですが、その形にしてしまうと、必要な箇所からの発毛が欲しい時もあります。
マユズミもありますが、ここはなかなか難しい選択になってしまうところです。

ですから、全身の脱毛は高い料金でもエステが断然おすすめですが、眉毛に関しては、一概にすべてのエステの施術が絶対ということではないとされています。
眉毛の毛抜き脱毛に関しても、本人次第で、太い毛が発毛したとしても、ここは特別な部位ということになるのではないでしょうか?

個人的な意見はいろいろですが、第一エステでの眉毛脱毛が存在していることも知らない方が多いようですが、エステによってはしっかりとメニューにのっていますが、形に関しては自由選択になります。
この選択が少し難しいかもというのが本音でしょう。
41

自宅脱毛のおすすめは家庭用脱毛器

VIOについて

42
カミソリ脱毛にしても毛抜き脱毛にしても、手軽さではベストの選択ですが、やり方や使い方にとっては、肌を傷めることになります。
古い角質が取れてすべすべお肌のカミソリ脱毛とも言われていますが、それは最高のコンディションでのカミソリ脱毛の場合です。
保湿もきちんとされていて、肌に良いシェービングクリームを使用して、アフターケアも万全を期した場合の話です。

毛抜きは、毛を抜いたあとに、毛穴が開いている状態になりますが、角質がそこを覆うことになります。
それがぼつぼつの肌を作ることをご存知でしたか?
毛抜きを使用したあとの肌で、鶏の皮の用な肌になっているのはそうした理由からです。
肌にはマイナスの脱毛と言えます。

自宅でのこうした手軽な脱毛には、ウラがあると同時に、肌には決して良いことではないと思ってください。
では、自宅での脱毛で理想なのは、家庭用脱毛器になります。
これも肌に合う物を使用したうえで、その仕上がり具合によりますが、少なくともケアの回数が減っていくことになります。
この脱毛をしない回数が減っていくことが、肌を守って言って、それほど肌を傷めることがない事になります。
できれば、とことん自宅脱毛にこだわる方は、家庭用脱毛器がお勧めです。

脱毛はしなくてはならないこととされています。
全く不要な方もなかにはいらっしゃいますが、それは太い毛がないからという理由でしょう。
普段脱毛をしていないと、肌負担がなく、毛穴にも影響がないことから、毛も細くなっていくことになります。
しかし、よく見ると、産毛や細い毛がたくさん生えていて、実はムダ毛が多い場合もあります。
私の肌は浅黒いと思っていたところ、正しい脱毛後になんと色白の肌が出現してきたということもあります。

人間は、ほぼ全身に何らかの毛が生えていて、ムダ毛がないということはないとされています。
ですから、正しい脱毛を身につけるとともに、自分のムダ毛の量やケアの仕方を今一度確認してみてください。

http://www.city.kobe.lg.jp/information/press/2014/04/20140421041901.html

脱毛とコストパフォーマンスについて

VIOについて

44
脱毛方法を考える時、どうしてもコストパフォーマンスを考えてしまうところです。
一番高いのは、エステなどの機関に行くことです。
人にキレイにしてもらうことは、当然料金も高くなりますが、コストパフォーマンスに関しては、脱毛効果とその後の肌状態はベストになります。
とにかく、完璧な脱毛をしたい方は、コストパフォーマンスを気にしてはいけないことになります。

そして、安上がりな脱毛は、カミソリ脱毛で、お風呂の時に簡単に行ってしまうか、究極は毛抜きで1本ずつ脱毛をすることです。
この毛抜きに関しては、コストパフォーマンスはずばりゼロになります。
たた、肌状態も良いとは言えない状態でしょう。
脱毛部位にもよりますが、人に見せる部分の脱毛に関しては、毛抜きは使用禁止にしたほうが良いとされています。

カミソリ脱毛に関しては、人によってコストパフォーマンスが変わります。
高いカミソリを使用したり、シェービングクリームにもこだわりを持つことで、いくらでも高いカミソリ脱毛をすることができますが、それだけ肌にも良いと言えます。
カミソリも安いものが悪いというのではなく、頻繁に替えるなどの工夫が必要です。

そして、家庭用脱毛器やシェーバーですが、それもコストパフォーマンスはいろいろです。
本体価格も関係してきますが、その後の使用の際のコストは大きく変わってきます。
カートリッジの有無はもちろん、電気代などで、どれだけの脱毛なのか変わることが多いです。

こうしてみると、コストパフォーマンスを大きくすることは、脱毛品質を上げて、肌に良い状態を作り出すことができるとされています。
それはそうでしょうと納得の内容になりますが、見事に比例することになります。
ただ、エステなどでの脱毛に関しては、コストパフォーマンスは高いものの、その後の手間を考えると、結果的にお得かもしれないと考えられるとも言えます。
それについては個人差がある見解ということができますが。

脱毛は高いと感じられない理由?

VIOについて

脱毛は、コストパフォーマンスだけが問題ではない方も多いです。
エステや脱毛サロンは高いけれど、その後のケアは、今までとはまるで違う。
それも、毛深い、剛毛の方にとっては、ケアの手間は雲泥の差です。
コストパフォーマンスが高いとわかっていても、必ずやったほうが良いとの口コミも聞かれます。

そして、コストパフォーマンスのかかるエステですが、一度行うこと(1年くらいかかります)が、その後のケアはほとんどしなくても良いというほど快適になる方は多いです。
ということは、エステ後のカミソリや家庭用脱毛器の必要がないことは、その後の脱毛コストパフォーマンスが安くなってしまうとされています。
ということは、長いスパンで見ると、エステでのコストパフォーマンスは低くなるとも言えます。
最近は、エステなどの脱毛料金が安くなっています。
全身行ったとしても、10万円かからないところも多いですが、全身のムダ毛がなくなると考えると、安いと言えるでしょう。

そして、エステに行くことの意義です。
以前は高級サロンとして、一般庶民には程遠い存在でした。
その通りの内容で、リラクゼーションの時間と空間は、高級感そのものです。
現在は料金が安くなってとは言え、リラクゼーションの空間と時間の提供はそのままです。
エステなどの脱毛は、単に毛をなくすだけではなく、脱毛前後には、うっとりするようなケアが待っています。
それを受けただけでも、高いコストパフォーマンスを受ける甲斐があるとも言えます。

エステでの脱毛は、こうした良いことがあり、コストパフォーマンスだけの価値はあります。
脱毛後の肌の状態はベストであり、こんなに肌も綺麗になったと感心される方も多いですが、自宅ではなかなか味わうことができないことです。
エステに行った場合、高いかなと感じた方も、その出来にはだいたい大満足されます。
そして、やはりエステで脱毛をしているということ自体、かなり良いことをしているとの自負、この事も場をキレイにすることが出来ます。
43